学会概要

会長挨拶

  2015.5.10 総会での会長挨拶

 本学会は1973年5月に社会事業史研究会として、初代会長の吉田久一先生、一番ケ瀬康子先生、高島進先生等21人の発起人の先生方のお力によって発足いたしました。それから40年あまりを経ましたが、この間、1998年に社会事業史学会へと改組され、社会福祉学界における歴史研究者の拠点として、また社会福祉学界における学術研究の一領域として今日まで発展して参りました。そして前会長の永岡正己先生には8年間にわたり歴史研究をリードされるとともに、今日の学会としての体制の礎を築いていただきました。さらに本学会には吉田久一先生をはじめとする篤志をお寄せ下さった先人達がおられます。

 本学会は、この学会に参集し、その歩みを支えてこられた多くの研究者のみなさま、学会員のみなさまの学術研究への強い意欲と高い精神性によって支えられてきたと確信いたしております。この度、自らの非力さを顧みず会長職を拝命いたしましたが、学会の発展に微力ながら力を尽くしたいと考えております。みなさまのご指導とご協力を引きつづき賜りたく、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 本学会の目的は学会規約第3条に明記されますように「社会事業史の研究を通じ、社会福祉の科学的研究を高め、民主主義に基づいた日本社会福祉の進展に資すること」であります。今日、発展・変貌する社会福祉の動向を見極め、歴史研究の立場からその方向性を吟味し、真に人々の生活に寄り添うための問題意識を共有しつつ、本学会が設立当初から掲げてきた理念をみなさまと共に継承し、社会的使命を果たしていきたいと願っております。

 本学会が取り組む必要がある課題は数多いのですが、その一つは、歴史研究の更なる質的向上と研究領域の多様性および拡張をはかることです。関連領域との学術的交流や国際的学術交流が、新たな研究上の挑戦を生み、こうした側面を強化してくれるはずです。そして、研究の質的向上に基づき、社会福祉教育における歴史的思考の有意性を対外的に働きかけていくことが重要です。もう一つは、歴史研究の発展をはかるうえで欠かせない史資料の発掘や保管および地道な地域史、施設史への取り組みと研究方法論探求の重要性です。

 社会福祉あるいは福祉の歴史研究が、高く、厚く、深いものとなるよう引きつづき取り組んでまいりますとともに、歴史的研究に関心をもつ多くのみなさまの本学会へのご参加をお待ち申し上げております。

  2015年5月10日
                              社会事業史学会会長 大友 昌子

学会のあらまし

 社会事業史学会は、社会福祉の歴史研究を専門とする学術研究団体で、日本学術会議の協力研究団体として登録されています。

 1973(昭和48)年に「社会事業史の研究を通じ、社会福祉の科学的研究を高め、民主主義に基づいた日本社会福祉の進展に資することを目的」(学会規約第3条)として「社会事業史研究会」が発足しました。
 1998(平成10)年の「社会事業史学会」への改組に関する総会決定を経て、1999(平成11)年に現在の学会名での初めての大会が開催されました。

 主な学会活動、事業は、次の通りです。
1.毎年1回の研究大会と総会の開催(例年5月上旬)
2.学会機関誌その他刊行物の発行

 1) 学会機関誌『社会事業史研究』の年2回発行
 2)学会広報紙『社会事業史学会ニュースレター』の年1回以上の発行
 3)学会各種委員会の報告書等の発行
3.学会各種委員会の報告書等の発行
4.各種委員会の設置による社会福祉史に関する調査研究の実施。
 1)「社会福祉歴史教育委員会」を設置し、社会福祉の歴史教育のあり方等について調査研究を実施。
 2)「史資料問題委員会」を設置し、社会福祉に関する史資料の保存、活用等について調査研究を実施。

組織構成

理事・監事 (2015年度~2017年度)

現役員名と役割分担は以下の通りである。定例理事・監事会を年に4回(5月に2回、10月と3月に各1回)開催するほか、必要に応じて臨時理事・監事会を開催し、会務を掌っている。

理事

大友 昌子(中京大学)
会長/学会創設45周年記念事業委員会/国際交流委員会担当

理事

金子 光一(東洋大学)
事務局長/文献賞審査委員会(委員長)/吉田久一研究奨励賞委員会/学会創設45周年記念事業委員会/学会連合担当

理事

杉山 博昭(ノートルダム清心女子大学)
編集委員会(委員長)担当

理事

今井 小の実(関西学院大学)
社会福祉歴史教育委員会(委員長)担当

理事

元村 智明(金城大学)
史資料問題委員会(委員長)/社会福祉歴史教育委員会/大会運営担当

理事

永岡 正己(日本福祉大学)
研究倫理委員会(委員長)/国際交流委員会/研究推進担当(『社会福祉史辞典』等)/学会創設45周年記念事業委員会担当

理事

平田 勝政(長崎大学)
若手研究者支援/史資料問題委員会担当

理事

宇都宮 みのり(愛知県立大学)
渉外・広報(ホームページ)担当

監事

本多 創史(東日本国際大学)
監事/災害問題対応担当

監事

野口 友紀子(長野大学)
監査/若手研究者支援/社会福祉歴史教育委員会担当

編集委員会

機関誌『社会事業史研究』の編集を担っている。

委員長

杉山 博昭(ノートルダム清心女子大学)

委員

松本 園子(白梅学園大学)

委員

加藤 博史(龍谷大学短期大学部)

委員

鈴木 敏彦(和泉短期大学)

委員

野口 武悟(専修大学)

委員

小泉 亜紀(専修大学)

社会福祉歴史教育委員会

社会福祉の歴史教育のあり方等について調査研究を実施している。

委員長

今井 小の実(関西学院大学)

委員

小池 桂(徳山大学)

委員

元村 智明(金城大学)

委員

野口 友紀子(長野大学)

委員

石井 洗二(四国学院大学)

史資料問題委員会

社会福祉に関する史資料の保存、活用等について調査研究を実施している。

委員長

元村 智明(金城大学)

委員

二井 仁美(北海道教育大学)

委員

野口 武悟(専修大学)

委員

平田 勝政(長崎大学)

委員

蜂谷 俊隆(美作大学)

委員

松本 郁代(弘前学院大学)

委員

三上 邦彦(岩手県立大学)

委員

杉本 弘幸(佛教大学)

国際交流委員会

社会福祉史研究分野の国際交流を担っている。

委員長

西崎 緑(福岡教育大学)

委員

永岡 正己(日本福祉大学)

委員

沈 潔(日本女子大学)

委員

尹 靖水(梅花女子大学)

委員

中野 智世(成城大学)

委員

伊藤 文人(日本福祉大学)

委員

大友 昌子(中京大学)

社会事業史文献賞審査委員会

社会事業史文献賞の審査を担っている。

委員長

金子 光一(東洋大学)

委員

木原 活信(同志社大学)

委員

中村 満紀男(福山市立大学)

委員

宇都 榮子(専修大学)

委員

西崎 緑(福岡教育大学)

委員

大友 信勝(聖隷クリストファー大学大学院)

吉田久一研究奨励賞審査委員会

吉田久一研究奨励賞の審査を担っている。

委員長

菊池 義昭(東日本国際大学)

委員

田澤 あけみ(立正大学)

委員

松本 園子(白梅女子大学)

委員

宮城 洋一郎(皇學館大学)

委員

細井 勇(福岡県立大学)

委員

小笠原 慶彰(神戸女子大学)

学会連合災害対応委員(社会事業史学会選出)

委員長

菊池 義昭(東日本国際大学)

委員

本多 創史(東日本国際大学)

委員

松本 園子(白梅学園大学)

学会創設45周年記念事業委員会

委員長

宇都 榮子(専修大学)

委員

大友 昌子(中京大学)

委員

永岡 正己(日本福祉大学)

委員

金子 光一(東洋大学)

社会福祉史辞典編纂委員会

委員

室田 保夫(関西学院大学)

委員

永岡 正己(日本福祉大学)

委員

柴田 謙治(金城学院大学)

委員

蜂谷 俊隆(美作大学)

研究倫理委員会(臨時)

委員長

永岡 正己(日本福祉大学)

委員

中村 満紀男(福山市立大学)

委員

宇都 榮子(専修大学)